NEWS

国立競技場の解体工事

2015/05/18
2020年の東京オリンピック、パラリンピックのために、新しいメーンスタジアムが出来るので現在の国立競技場の解体工事が進められています。9月頃までには、がれきの処理などを含めて全て終えるそうですが、少し残念だなって思います。もちろん、オリンピックが来る事は嬉しいのですが、既存のものを使って欲しかったのが本音です。でも、小さいの仕方がないです。すでに、鉄くずやコンクリート片は購入業者が決まっているそうで、日本のリサイクル技術を世界に知らせるために、しっかり再利用して欲しいです。寂しいと思っているのは、JSCの職員の方も同じようで「解体工事で壊されていくのは正直寂しい」と話しているのを聞き、少しホッとしました。ただ、大型の解体工事も業者にとってメリットがないのか、入札の不調があったりJSCの不手際で開始予定が大幅に遅れるなどあったそうなので、今後の予定にも影響があるのかもしれません。新しいスタジアムが出来ても、解体工事で失われた国立競技場の事は忘れないでいようと思います。 解体工事 費用 厚木市
RECENT NEWS