偏見に挑む、アルゼンチン初のダウン症保育士

2017/03/09
11月18日 AFP】(更新)ノエリア・ガレラさんは子どもの頃、「モンスター」と呼ばれて保育園への入園を拒まれた。だが31歳になった彼女は今、保育士として働いている。
http://www.afpbb.com/articles/-/3107633?utm_source=yahoo&utm_medium=news&cx_from=yahoo&cx_position=r1&cx_rss=afp&cx_id=3120820