by  raku

テンバガー銘柄、急騰銘柄選びの手法

デイトレードをしながら大化け、テンバガー銘柄(10倍株)を

見つけられれば、一石二鳥のトレードとなります。


誰もが望むトレード手法となります。


このノウハウを知っていれば鬼に金棒のノウハウとなります。


通常デイトレードとスイングトレードは、

分けて売買するのが当然のこととなっています。



少し目線を変えて、この方法を併用してトレードを考えてみませんか。




株式投資家が夢見る大化け上昇株、テンバガー(10倍株)銘柄。

テンバガーは、10倍株(大化け株)のことをいいます。

これは、野球用語からの例えで、

1試合で驚異的な通算10塁打の大記録を上げることを意味し、

株式用語では、株価が大きく上昇して

10倍以上の価格になるような、

大化け上昇する銘柄のことを指しています。


それを、ウォール街では「株価が10倍に大化けした株」

という意味あいから使われるようになったようです。


一般的にテンバガーは、過去の例を見ると、

時価総額が大凡200億円以下の中小型株、

時価総額が大きくないことが一つの条件となっています。


テンバガーとなった銘柄には次のような条件、

傾向があることがわかります。


決算内容の良し悪しではなく、今後の業績が急拡大、

または急拡大が予想されるもの


低い株価で推移していた低位株銘柄。


旬のテーマや話題性のある企業で、その年、

時節の注目されるテーマに関連した企業で、

新技術開発や業務提携などの発表によるサプライズが

出たものが有望となるようです。


上記以外にもテンバガー銘柄になる要素は

色々あると思いますが、それをいちいち調べていても、

直ぐに選定するのは難しいものです。


そこでテンバガー銘柄をテクニカルな検証により、

チャート分析により見つけ出す方法は無いものか

考えてみたいとおもいます。


それには大きな理由があります。

それは仕手筋の介入が関係していると考えられるからです。


仕手筋とは、巨額の投資資金を用いて

銘柄の価格や売買高を、通常ではわかりにくくして、

意図的に価格操縦して利益を得ようとする人達です。


仕手が動くと、企業業績とは無関係に株価が

異常に急変動したりします。


仕手筋以外の投資家、個人の(提灯買い)の投機資金を

巻き込みながら、急騰させることを目的としています。


以上のことからテンバガー銘柄は、

ファンダメンタルズのような基本的な株価分析よりも、

ある特別な分析検証が有効に働くことが多くあり、

その現象を認知するシステムロジックが必要になります。




テンバガー銘柄選定のシステムロジックの基本の考え方。

まずは基本的な考え方を知るための無料レポートがあります。


この方法を使用すると、株価急上昇の兆しを

認知することができます。



Other Entry