by  raku

株のデイトレードスキャルピングの裏手法

2017年6月13日

 

株のデイトレードで勝利継続を維持するためにどんな方法が良いのか。

巷ではスキャルピングの悪い点ばかりを誇張して

述べているサイトを見かけますが、

果たしてどれだけのことを知っているのか疑問です。

実際にスキャルピングなどやったことのない者のヒガミと思えてなりません。

スキャルピングの難しさや役に立たない売買法との内容の文章を

見かけることがありますが、自分の愚かさを暴露しているようなものであり、

知らぬものの愚かさを露呈しているものと感じています。

 

例えば、秒単位の神経質なシビアな判断を要求されるのが

スキャルピングの全てでであるかのように表現される文面を

多々見ますが、それが全てであると思ったら大きな間違いです。


知らぬは一生の恥ともうしますか、まさに知らない愚かさそのものであります。


スキャルピングの有効性を知らない者の表現としか思えません。

秒単位で売買しても、分単位で売買してもスキャルピングは有効なことを

ここでお知らせしておきます。

スキャルピングに関する無料レポートが有りますので興味のある方は

こちらから申込ください。


 デイトレードであれ、スイングトレードであれ

スキャルピングであれ、長期投資であれ、

どれも同じにリスクは有り、長所、短所は存在します。


どの売買が優れていて劣っているのかなどと考えるのであれば

どれもやらないことが一番の選択です。


重要なのはトレード時間をどれに選択するかになります。

極端な例ですが、高齢者が長期投資をやることは、

人生の摂理から無理なことです。

短期投資にせざるを得ない条件があります。

その中でもデイトレードにするか、スイングトレードにするか

の選択があり、更にスキャルピングにするかの選択があります。

また投資金額の大小によってもトレード形態は変わってきます。

いずれにしても売買形態の良し悪しを論ずるのは

ナンセンスとしか言わざるを得ません。


ここではデイトレード及びスキャルピングに特化してご案内したいと思っています。

他の売買形態にご興味のある方にはご容赦、ごめんなさい。

 

下記チャートはソフトバンクGでの デイトレスキャルピング認識ができる

システム表示になっています。

 

 

Other Entry