賃貸マンションの更新料・フリーレントなどについて

賃貸契約では大抵の場合、一定の期間での更新がやってきます。一般的には2年単位となります。三島 賃貸 マンション アパマンショップ 最初に契約して、あとは月々きっちり家賃を支払っていればずっと住んでいられるというわけではなく、契約更新というのが必要となるのです。

そもそも賃貸住宅に済むにあたっては契約書面を大家、もしくは管理会社と取り交わします。長々と担当者に読み上げられた上で、何箇所もサインと捺印を行ったのがその作業に当たります。その契約書面の時点で住み始めてから二年後、もしくはそこで定められた年数の間だけ住む権利を契約して得ているのです。

もちろん更新してそれより長く住むことはできます。前回同様書面で契約を更新していく作業は必要ですが、逆をいえばそれだけでまだ当分住み続けることができる…というとまだ語弊があります。実はさらに更新料というものの支払いが必要となるのです。大抵の場合は一ヶ月分の家賃に相当するくらいで、これの支払いが嫌で更新のタイミングで引っ越すという人も少なくありません。

そういえば、先日のダイヤモンド・オンラインの記事にも有りましたが、更新のタイミングで賃料を更新する人が増えてきた、などとありました。その内容はところどころにライターの思いあがり?のようなものもチラホラ見られて、正直言って気分が悪くなるような文体だったのですが・・ただ、これは明白な事実かな?という内容も入っていて、少しは読む価値があるようには感じました。

しかしながら、2年住んでからの更新時に交渉するというのは、今の賃貸マーケットからしてすごく簡単そうなことが書いてあったことについては、反論したいと思います。なぜなら、交渉がうまくいくかどうかなんていうのは、そもそも家主さんの性格、残債・ローンやら経済的事情、物件自体が空室後に毎度短期で決まるような人気の物件であるのか?ないのか?不動産市場が活発なシーズンであるのかどうか?等々、ざっと考えただけでもそうそう簡単には行かない個別事情ってのがあるわけです。それに地域の商習慣なども絡んできますので、よくお調べになってから交渉するのが良いでしょう。ダイヤモンドのあれは高みの見物とばかりに書いてあったので、どうかと思いました。というわけで、「状況が許せば」ということになるでしょう。

さて、そんな更新料のように最近よく見かけるのが「フリーレント賃貸」です。さらっというと、「その月の賃料がタダ」という契約条項になります。これはかんり多用されています。初期費用の減額にも効いてきますから、敷金礼金ゼロ物件のような‘インパクト’はありますよね。6ヶ月フリーレントなんていうアパートまであります。※但し、最低入居期間等が定め等ているはずですので、この手のものには注意が必要で特約条項にしっかり目を通すことが、退去時のトラブルを防ぐ秘訣です。

個人的な感想というか体感ですが、賃料下げの交渉よりフリーレントの交渉のほうがうまくいく傾向があると思います。どうしても、月額の費用がずっと減ることやほかの入居者さんへの影響を考えれば、家賃は絶対に維持したいというのが本望ですから。

以上