14536343970980

1月20日(水) 夕やけ山 活動報告

夕やけ山に雪の残るこの日は、
活動を大きく変更して過ごしました。

「夕やけ山てくてく時間」。
夕やけ山を出発して大人も子どももみんなで周辺を歩きました!
今日のコースは、

夕やけ山→王禅寺会館→ろぐちの池公園→弘山家→吉垣家

事前に協力を引き受けて下さった地域の方がポイントとなって私達を待っていてくれました。
王禅寺会館で待っていて下さったのは町内会役員をされている小林さん。
2月3日には琴平神社で豆まきがあるよ、と教えてくれました。

ろぐちの池公園で待っていて下さったのは「木こり会」の竹中さんと久保田さん。
大きな竹を用意してくれていて、子ども一人ずつにノコギリで竹のお椀とお箸を作らせて下さいました。子ども達、自分で作ったお椀とはしをとてもとても大事にしていました。

弘山家ではペロペロキャンディに子ども達の目はキラキラ!
ゴールの吉垣家では勇咲、安里、晃平のおじいちゃんとおばあちゃんが
飴玉を持って「おかえりーー!」と待っていてくれました。
おじいちゃんが昔のここには、
マムシもでたよ、ホタルも見えたよ、ウサギもきたよ、と
話してくれました。
そしたら2歳のうーちゃん「くまは~?」だって!
おじいちゃんのお話を聞いてきっと頭のなかはジャングルみたいになったのだね!(笑)
大人を和ませてくれました。

2時間半歩いたゴールでは大人も子どももポイントで頂いたおやつで自賛タイム♪
沢山歩いたね~

歩く、その時だけの格別さがあるなあと思います。
気づき、発見、出逢い、香り、足裏の感触、脳のシンプル化!

行ける場所は自分の足で歩いていく、子ども達に伝えたいシンプルなことのひとつです。

歩いたみんなお疲れ様でした♪ また歩く企画しようと思います。
ポイントとなって私達を向えて下さった皆様、
本当にありがとうございました!