14567951880510

2月27日「夕やけ山の朝ご飯」 開催報告

朝8時、
前泊した夕やけ山キャンプの仲間たちの片付け風景が良い感じに残るなか(和也さん率いる大人極寒キャンプでした!興味あるひとは体験してみるといいかも!)、
霜柱のたつ夕やけ山に「おはよ~ござま~す」と朝のお顔のみんなが集まりました。

釜戸の薪の火加減を気にしながら顔を合わせてお名前を知ったら、
ご飯の炊きあがるまで思い思いの過ごし方。
釜戸の火加減を気にして覗いてくれる人、子どもに手をひかれて山を下りていく人、
里山の景色と日だまりを感じる人、お話に花の咲く人・・・!

「ご飯できたよ~!!」

長~い座卓はあっという間に大大家族のそれは賑やかな朝ご飯の風景となりました。
持ち寄ったご飯のお供の並ぶコーナーでは子ども達が思い思いに「好き」を選んでいました。

普段の「食べさせなくっちゃ」が許せる場所があっていい。
「食べなくっちゃ」から解放される時間があっていい。
心地いいが一番大事にされる場所があっていいんだ。
そしてまた、頑張ればいいよ。
子ども達を見ているとそう思います。

太陽がみんなを暖め始めたのと同じ頃、みんなのお腹も気持ちも温かくなって、
鴇澤さんのギターとハーモニカが夕やけ山をさらにのんきにしてくれました。
「はるがきた」を歌って、またね、でお開きしました。

《春がきた 春がきた
どこに きた 
山にきた 里にきた 野にもきた》

また一緒に朝ご飯たべようね!